TOP >  テレビ・ラジオ・イベント  >  若槻千夏、Coccoが「うんこ」連発!!

若槻千夏、Coccoが「うんこ」連発!!

かつてアイドルタレント達は「トイレに行かなーい」を合言葉にしていた。それが、最近は、人気女性タレントが堂々とうんこ発言を連発するようになってしまっている。
衝撃発言が飛び出したのは、7月27日深夜に放送された「僕らの音楽」(フジテレビ系列)である。ゲストのシンガー・ソングライター、Cocco(30)が香取慎吾(30)と対談中、「私にとって歌は、辛い気持ちを吐き出すためのもの。うんこだった」と爆弾投下(笑)。さらに、「歌が好きだと気づいて、『うんこ』が『うんこ』じゃ無くなったとき、歌っちゃいけないと思った」などと、うんこうんこと連呼した・・・人気blogランキングへ

並はずれた音楽的才能を持ちながら、一時活動を休止したこともあるCocco。。。当時の心情をわかりやすく話すために使ったであろう「うんこ」はとても重要なキーワードだったようだ。まさにシンガーソングライター。

アイドルを代表する“ブログの女王”若槻千夏(23)も互角の戦い。本人のブログ『マーボー豆腐は飲み物です。』で、8月2日の書き込みにファンが仰天したという。
≪ヘキサゴン、ペルー帰りで少し疲れてた? とのみんなの声。違います。うんこがしたかっただけです。番組中にしたくなったのは初めてで辛く苦しかったです。≫
なんと、これは1日放送の「クイズ!ヘキサゴンスペシャル」(フジテレビ系列)出演時に、「ロケ中にうんこがしたかった」ことを大暴露!この日の若槻のブログコメント欄の書き込みはすさまじかったらしく、通常は200−300台のコメント数が一挙に1500をオーバーしたという。そのほとんどが「カワイイ!」「元気が出ました」と少しマニアックなファン(?)を増やしたようだった。
最近は、深夜番組などのフリートークで、普通に「うんこ」を連呼するアイドルは意外と多い。こうした傾向について、某精神科医Aは、「女性が中性化している」と分析するそうだ。
「今は『女性らしい』というのは売りにならない。だから言葉で中性化を目指す。同じような現象は1980年代のニューヨークでもありました」(某精神科医A談)
某社会心理学者Bも、「女性が開放的になり中性的になっている。今どきの女子大生は男性がそばにいても平気で『おしっこ』と口にする時代だ。女言葉が残っているのはテレビドラマの世界だけですよ」(某社会心理学者B談)
最近の若い女性達は、軽いシモネタくらいなら世間の反発を買うことはないと本能的に分かっているということだろうか・・・人気blogランキングへ

関連エントリー

TOP >  テレビ・ラジオ・イベント  >  若槻千夏、Coccoが「うんこ」連発!!

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google




  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ
    ブログランキング【くつろぐ】
    ブログランキング

    ▼ 検索


    楽天アイドルDVDランキング

      第1位

      仲村みうDVD
      「聖少女−MUTEKI未成年−」

      第2位

      保坂りなDVD
      「17歳現役女子高生 爆写」

      第3位

      花村沙知DVD
      「女神の素顔」

      第4位

      真野しずくDVD
      「旅立ちの瞬間」

      第5位

      桜井未來 美少女はJC純真可憐100%美少女
      第6位

      加護亜依/月刊 加護亜依
      第7位

      アイドルDVD 桂木なつみ / プチ・ディーバ
      第8位

      ヒミツのじゅにあ雑技団 vol.12 瑛瑛(エイエイ)
      第9位

      福見真紀/ピュア・スマイル
      第10位

      伊藤綾香 15歳美少女は中学生 vol.3

    相互リンク

    ▼ BOOKMARK1

    ▼ BOOKMARK5

    ▼ BOOKMARK6

    ▼ BOOKMARK7

    ▼ BOOKMARK8

    ▼ BOOKMARK11

    ▼ BOOKMARK12

    ▼ BOOKMARK13

    ▼ BOOKMARK100

    ▼ BOOKMARK2

    ▼ BOOKMARK3

    ▼ BOOKMARK4

    ▼ BOOKMARK9

    ▼ BOOKMARK10

    ▼ BOOKMARK14

    ▼ BOOKMARK15